タカサゴユリ(勝手に生えてくるユリ)

f:id:satorulifebeet:20210412010203j:plain

f:id:satorulifebeet:20210412010254j:plain

夏になると外で割りと見るユリ。テッポウユリではなくて、タカサゴユリです。しかし、実際は見分けはなかなか付かなくて、交ざってるって噂もあります。

f:id:satorulifebeet:20210412010547j:plain

こんな感じで崖に咲いてたり。

育て方も何もなくて、勝手に生えてきて、何年かで連作障害が原因で消えることもあるようです。しかし

f:id:satorulifebeet:20210412010748j:plain

種を残して、あちこちに咲くようになるので、「旅するユリ」なんて言われているようです。

ユリは全般的に連作障害やウイルスに弱くて、多年草の一種ではあるんですが、数年が関の山です。種で増えたりするのは、タカサゴユリなど、一部ぐらい。オニユリなどは割りと強いと聞くんですが、それはあくまで「ユリの中では」っていう意味に過ぎません。

ちなみにタカサゴユリを切り花にしてみたら、花もちは悪かったです。

毎年、秋になると、チューリップと並んでユリの球根がよく出回りますが、理由があったんですね。ある意味消耗品っていうか。春によく出回るダリアやグラジオラスも、似たような事情です。